縮毛矯正をかけた後のご自宅でのお手入れ・ケア方法やNG行為とは。シャンプーのタイミング、結ぶときはいつから大丈夫?横浜/鶴ヶ峰/美容室/阿武隈川弘

こんにちは

縮毛職人

阿武隈川です。

 

 

今回のテーマは、こちら。

 

縮毛矯正をかけた後のご自宅でのケア方法について。

 

※縮毛矯正をかける前に、お客様が出来る事前の準備は、こちら↓↓

 

 

■縮毛矯正のイメージをざっくりと共有する

 

 

こちらでざっくりとした縮毛矯正のイメージを共有していただけると助かります。

 

 

■縮毛矯正をした直後の髪の毛は、完全には固定(酸化)していない

酸化については、こちら

 

 

また、当店使用薬剤である

 

 

トリートメント97%縮毛矯正の場合についても細かく書いてあり、

 

上記の2つのブログでもわかる通り、

 

阿武隈川は【酸化】にかなり力を入れて縮毛矯正をしております。

 

それぐらい、酸化をあまく見ている美容師が多いのが現状であります。

 

ですが、

 

阿武隈川レベルで酸化を意識した縮毛矯正を行ったとしても、

 

縮毛矯正が終わった後の髪の毛は、どんなに一生懸命と固定(酸化)しても、酸化しきれなかった分子が残ってしまいます

 

■酸化不足×残留アルカリ×残留還元剤×水素結合により、縮毛矯正があまくなることがある

 

言葉の意味はわからなくても大丈夫ですが、

 

先述の酸化しきれなかった分子が、残留アルカリ・還元剤+水素結合により、形状変化を起こしかねない。ということ。

 

つまり、何を伝えたいかというと

 

縮毛矯正をし終わった髪の毛のケアが正しくないと、クセが出てしまったり、新たなクセがが出来てしまう。

 

ということです。

 

■縮毛矯正をかけてから気をつける期間

 

縮毛矯正をかけてから1週間以内(特に当日)は気を付けましょう。

 

■縮毛矯正をかけた後にNGな行為(特に1週間以内)

 

髪の毛を結ぶ(違う形がつく)

しっかりと縮毛矯正をかけて、酸化をした髪の毛であればさほど影響は、ないはずですが、縮毛矯正をかけてから1週間以内に結ぶときは、ゆるめに結ぶようにしましょう。

 

髪の毛を耳にかける(違う形がつく)

こちらも結ぶときと同様であります。

なるべく縮毛矯正をかけた1週間以内は、耳にかけずに過ごしましょう。

 

髪の毛を濡れたままにする(違う形がつく)

これは最も気を付けてほしいことの1つ。

 

髪の毛は濡れたときに水素結合が切れて、乾くときに水素結合が再結合します。

 

絶対にしてはいけないことが、濡れた状態で寝ること。

 

縮毛矯正はおろか、髪の毛に大ダメージまで負います。

 

特に1週間以内は、お風呂上がりはすぐに乾かす。

 

1週間経過後も、寝るまでにはドライヤーでしっかりと乾かしてから寝ましょう。

 

(すぐに乾かせない場合は、洗い流さないトリートメントをつけて、くしでとかしておくことがオススメ)

 

当日にシャンプーをする

これもしっかりと縮毛矯正の酸化が行われていれば、さほど影響は、ないですが(美容室のシャンプーに限る)、美容室でしっかりと頭皮は綺麗になっています。

 

する必要がないので、当日のシャンプーは控えましょう。

 

市販のシャンプーを使用する

これも最も気を付けてほしいことの1つ。

 

何度も当ブログで申していますが、

 

市販のシャンプーの洗浄力は、とても強くなっています。

 

縮毛矯正をした髪の毛は、一見綺麗に魅せていますが、当然カラー以上のダメージを負っています。

 

また上記の通り、残留物質も多い状態であり、髪の毛は不安定であり、かなりデリケートな状態。

 

縮毛矯正をされている方は、刺激的な市販のシャンプーはNGであり、マイルドな美容室のシャンプーに切り替えることを心からオススメします。

 

コテで巻く(違う形がつく)

こちらは、コテを使うことがNGなわけではなく、コテを使用する箇所に気を付けてほしい。ということ。

 

例えば、

 

髪型として考えたときに動いても良い箇所には、コテを使用しても大丈夫です。

 

髪質と髪型に連動することなので、担当美容師にしっかりと確認することをオススメします。

 

(基本的に肩下の髪の毛は巻いても大丈夫なはずです)

 

プールや海は絶対にダメ

 

 

プールや海は、弱いパーマ液と同じです。

なるべく避けていただきたいですが、特に1週間は絶対にやめてください。

 

気になる夏場の汗については、こちら

 

 

こちらもぜひ

 

◆その他、髪の毛が傷むこと全般的に良くはない

 

 

傷めば、縮毛矯正に限らず、全ての髪型の持続力が衰えます。参考までに。

 

■まとめ

髪質に合った美容室のシャンプーを翌日の夜から使用し、お風呂上がりは、なるべく早く乾かす。

結んだり、耳にかけたりするような髪の毛に形をつけるようなことはせずに、コテを使用する場合は基本的には肩下の髪の毛のみにすること。

 

綺麗な髪型は、お客様の努力が必須です。

 

一緒に綺麗な髪型にしていきましょう!

 

ちゃお!

阿武隈川 弘 アブログ

Mereve.N【メリーヴ エヌ/メリーブ エヌ】

鶴ヶ峰/二俣川/横浜/天王町/西横浜/保土ヶ谷/相鉄線

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛職人】と名高い美容師。 髪質に悩む顧客多数。 横浜の鶴ヶ峰Mereve.N、天王町Mereveのディレクター兼、(株)FAITH取締役。 得意の縮毛を活かしたカットとカラーで、どんな髪質も365日美髪へと必ず導きます。