「美容師(美容室・サービス業)の接客のコツって何かある?」と問われたら

こんにちは

縮毛職人

阿武隈川です。

 

よく言われる言葉があります。

 

「あぶの接客って、真似できないわー」

はっはっは。

 

別に褒められているわけではありませんが。

 

はっはっは。

 

お客様相手に、美容に関してはズバズバ物事は伝えるし、美容と関係ない話でも価値観の話はしょっちゅうしています。

 

また、必ず言われることは

 

「あぶのキャラだから、成り立ってるよねー」

 

という、内容。

はっはっは。

 

別に褒められているわけではありませんが。

 

はっはっは。

 

歯並び悪いですが。

 

はっはっは。

 

ようするに

 

「よくそんなにズバズバ物事を伝えて、お客様に嫌われないよねー」

 

ということだと思います。

 

そこに対しての

 

阿武隈川の答えは、

 

お客様にがあるから。

 

これしか、ありません。

 

暑苦しい奴だとか、恥ずかしい奴だとか、もっとスマートな答はないのか、とか言われようが、

 

絶対にこれしか、ない。

 

■お客様に愛を持って接している自負がある

 

愛があったら、べつに媚びたりしない。

 

あからさまな特別扱いもしない。

 

下手なお世辞も言わない。

 

時には、

 

髪の毛のことに対しては意見する阿武隈川もいる。

 

美容と関係のない話の中でも、アドバイスする阿武隈川もいる。(もちろん逆もあります)

 

それが

 

阿武隈川なりのお客様への愛情表現だということ。

 

■なぜお客様をそんなに好きになれるのか。

 

阿武隈川は、

 

自分の長所を、

 

 

相手の良いところを見つける。

 

 

ことだと思っています。

 

まずは、

 

相手に関心を持つ。

 

次に、

 

良いところを見て、その人を好きになる

 

単純だけど、すごく大切なこと。

 

■大事な人と重ね合わせる

同世代のお客様なら、彼女のように大事にする。

 

年上なら母のように。

 

もっと目上なら、亡くなった祖母のように。

 

当てはまらない年齢層なら、当てはまりそうな周りにいる誰でも良いから仮定する。

 

そのぐらい、お客様のことを大事に思っているということ。

 

そしたら、

 

中途半端なことは出来ない。

 

押し売りなんて、出来るはずない。

 

意味のないことに料金をいただけるわけがない。

 

逆に必要なメニューや商品はおすすめする。

 

大事な人に、キレイでい続けてほしいから、プロとしての意見を伝える。

 

大事な人にだから、プライベートな話もする。

 

その代わり、

 

自分に見栄を張らない。

 

着飾らない。

 

等身大の自分をみせる。

 

素の自分をみせる。

 

サービス業としては不正解かもしれないけど、人と人との付き合いであれば、不正解ではないはず。

 

まだまだ未熟な阿武隈川ではありますが、

 

お客様に対する気持ちだけは、どの美容師にも負けない自信があります。

 

 

最近のブログは暑苦しいですね。

 

はっはっは。

 

ちゃお!

阿武隈川 弘 アブログ

Mereve.N【メリーヴ エヌ/メリーブ エヌ】

鶴ヶ峰/二俣川/横浜/天王町/西横浜/保土ヶ谷/相鉄線

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛職人】と名高い美容師。 髪質に悩む顧客多数。 横浜の鶴ヶ峰Mereve.N、天王町Mereveのディレクター兼、(株)FAITH取締役。 得意の縮毛を活かしたカットとカラーで、どんな髪質も365日美髪へと必ず導きます。